10日 1月 2021
今年の干支であるうしの模様の豆皿です。 ホルスタインの体の模様をデッサンして それを小さな豆皿の中に表現してみました。 こんな小さなスペースでも自分の美術館に なりました。

06日 1月 2021
2021年6日  早くも6日になりました。 南天の赤い色が白い花入れによく似合っています。 お正月には特別な花は買ってくることはありませんが 裏山の南天や白梅の花が春の訪れを 告げています。   

02日 1月 2021
今年は穏やかに暮らせる日が来る事を 願っています。 1月2日が私の仕事始めの日です。 朝の空気は冷たく陶房庭先のメダカ鉢の水は 凍っていましたが水面下のメダカたちはじっと春を 待っていいます。

31日 12月 2020
今年で4回目迎える豆皿展です。 どうか安心して穏やかな気持ちで暮らせる1年になるようにと 祈りを込めて制作した豆皿約200枚を展示販売します。 2021年は丑年です。【うし】のモチーフの皿も新作です。 是非お気に入りの一枚を見つけにいらして下さい。   会期 2021.1.9~1.31   会場 オクムサ・マルシェ     時間 11時から17時   定休日 水、木、金...

21日 12月 2020
冬の庭に凛として咲いた寒水仙を抹茶碗に活けてみた。 釉薬は志野釉。 私は道産子。 今頃、北海道の故郷は雪が降っているだろうか。

17日 12月 2020
冷え込んでいるこんな日は野菜たっぷりのスープと自家製玄米パンのランチです。 庭の柚子のジャムをぐい吞みに入れて雰囲気を変えてみました。 スープカップは新作の蝋石マット釉。 昔、アスファルトに白い石で絵を描いて遊んだ、あの白い石の名前が蝋石です。 それを粉砕した釉薬です。

08日 12月 2020
私の冬の仕事の一つである干し柿作り。 先日遊びに行った農家さんの軒先では干し柿簾 が冬の陽射しにまぶしかった。 スライスの干し柿もあった。私もやってみる。 干しあがった大きさはお皿にのっているくらい 小さくはなりますが味は増します。輪切りにした断面は 種もアートです。

30日 11月 2020
【染まってきたミセバヤ】   園芸家にいただいたのはもう10年以上も前のこと。   その植物の名前を思い出せないでいましたが、ある時植物に   詳しいお客様が見えて教わりました   【ミセバヤ】でした。陶房ギャラリー前のいつもの定位置   で皆様をお待ちしています。

26日 11月 2020
 今が旬のサツマイモです。  このレシピはフライパン一つであっという間にできる  簡単なもので失敗なしです。タイミングと運が良ければ陶房ギャラリーにおいで下さった方の  おもてなしになります。

22日 11月 2020
今のところは、本格的な寒さの到来はありません。 とはいえ薪ストーブの薪の確保は必須です。 暖房用には勿論ですが、制作した器を穏やかな乾燥に導くためには薪ストーブの暖かさは欠かせません。どちらかと言えばキリギリスの私ではありますが頑張ります!

さらに表示する