17日 4月 2021
早くも4月中旬になりました。すこし雰囲気の違う新作は白化粧土を使ったためでしょうか。 今年は例年の【陶房まつり】というタイトルではなく【山あいの陶房の新作展】として芹ヶ沢陶房 ギャラリーで行います。       6月2日(水)から7日(月)まで開催します。

10日 4月 2021
器でものを食べるとはよく言います。つまり五感を働かせて 食べ物を頂く。この事は以前に フードコーディネーターの試験勉強の時に学んだ事、そのままを 言い当てている表現です。山形の友人が教えてくれました。写真は野菜ピクルスです。

04日 4月 2021
ここ、埼玉県越生町の天気予報は雨模様だというので小豆を  煮ました。北海道産です。私の故郷の食材。 白玉粉を豆乳で練ったら歯触りが最高です。 陶器のスプーンは持ち手の部分を彫ってみました。 お盆は友人の作家のもので赤い漆の下地には手すきの和紙が入っています。

31日 3月 2021
家庭料理では一番出番の多い5寸皿です。 約15センチくらいでしょうか? 取り皿としてスイーツ用の皿としても大活躍してくれるサイズです。 【冬木立シリーズ】の皿です。

25日 3月 2021
特別な材料がなくて大根だけあるときに作る大根もち。 大根半分くらいをおろし器ですりおろし、ざるにあげて水を切ります。そこに大さじ3杯の片栗粉をまぜて塩胡椒して平たく丸めてオイルで焼くだけです。あれば粉チーズや他のチーズをこまかく切って入れると より一層美味しいです。...

11日 3月 2021
10年前にも同じ場所で同じ花が咲いていた。 毎年穏やかに、凛として、強く、咲き続けて欲しい。 私もこうありたい。

07日 3月 2021
日々の器と家庭料理の事をいつも考えています。 陶芸教室の休憩時間には決まってお茶の時間があります。 毎回生徒さんのお楽しみになっているのは私の器と新しい料理の試食があるからです。 いろいろ意見を聞いて器と食のバランスなどを考える時もあります。 これはカレーと爽やかピクルスとプリンを器に盛り付ける提案のひとコマです。

03日 3月 2021
ここ埼玉県越生町の芹ケ沢地区は文字通り野生の 「せり」が自生するほど綺麗な沢の水が流れている 所でその名前が付いたようです。  昨夜の風の名残りはあるものの、晴れた空には紅色の梅が映えています。 今日は3月3日です。

02日 3月 2021
3月に入ったとはいえまだまだ肌寒い日もあります。 冬の仕事の一つにこんにゃく芋から作る【こんにゃく】があります。 今年は薪ストーブの灰汁を漉して天然の凝固でやってみました。 去年までのこんにゃくとはひと味もふた味も違った格別の美味しさでした。 豚汁とさしみこんにゃくはご馳走です。味噌も自家製玉みそです。

19日 2月 2021
庭先の白梅が咲いてくれました。 いつものように、普段と変わらずにということ、それがどんなにか難しい 事になっているか。 私はこんな中でも気持ちを整えつつ制作するが自分に出来る事だと 思っています。

さらに表示する